子供部屋

Posted by 真木 | マイホーム | 月曜日 8 10月 2018 6:47 AM

子供部屋の間取りは様々です。
1人ずつ個室を設ける場合、共有スペースを設ける場合、広いワンルームを間仕切りした場合などがあります。
1人の個室はプライベート性が高く、寝室は別で遊びや勉強は一緒という間取りでは、メリハリがある生活が送れますが、どちらも子供が独立した後は、活用し難く、物置になってしまうこともあります。

広いワンルームからスタートし、成長と共に分けて使うようにすると、子供の独立や家族構成の変化に応じて、様々に利用できます。ドアは将来分けて使うことを考えて、二つ設けておきましょう。
可動間仕切収納を使えば、簡単に移動でき、ライフスタイルに合わせた間取り変更が可能です。可動式収納とは、下についているねじを回すと簡単に移動できる収納です。壁際によせて広い部屋として使う、両側から出し入れできるように重ねて半分仕切る、中央に並べて全体を仕切るなど、成長と共に移動して使えます。
その他、完全なプライバシー空間が必要でないなら、カーテンで仕切る事もできます。通常のカーテンのほか、アコーディオンカーテン、ロールスクリーン、置くだけのパーテーションなどもあります。

幼少期は部屋の区切りを設けず、親子で寝るスペースと子どもが遊ぶスペースにゆるやかに分けておきます。
小中学生の時代は、勉強する時は並び、寝る時は別々にします。間仕切りを低くしてのびのび開放的に空間を使います。
高・大学生、社会人になって別々の個室が必要になったら、間仕切収納で部屋間を分けて、完全に独立させます。
子供が独立したら、子どもの帰省時の部屋やゲストルームとして、また夫妻の趣味の部屋などに、広い空間を様々に活用します。

回遊型和室

Posted by 真木 | 家の事 | 木曜日 12 7月 2018 3:25 PM

我が家に設けた和室は動線を2方向確保した回遊型にしました。行き止まりのない回遊型動線は、住宅内の動きをよりスムーズに、そして和室の利用の幅を広げてくれています。まず一つ目は、リビングからの動線です。一体感のあるLDKに隣接する形で和室を設けており、普段は建具で仕切らずオープンにしています。リビングにより広さや開放感を与えていますし、リビングの延長として和室を普段使いしやすい空間にしています。

子ども達が遊んだり、昼寝をしたり、私が洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりと多目的で使用します。いざという時は建具で仕切って宿泊ルームとして利用させることもできるのです。

リビングからの動線に加え、玄関から直接和室へ行けるように玄関からの動線を設けました。時に生活感で溢れるリビングを見られたくないお客様を家にお通ししなければならないことがあります。そのような場合、この和室が客間として利用できるのです。リビングとの境の建具で閉め切っておけば、玄関から直接和室に行けるので生活感で溢れたリビングを見られる心配もありません。お客様に関係のない家族は通常通りリビングでくつろいでおくこともできます。

和室にはファミリークローゼットを設けています。玄関から和室へ向かい、着ていた上着をしまい、部屋着に着替えることができます。畳だと着替えがしやすいですし、上着がリビングに散らかることも減りました。動線のスムーズさは暮らしやすさに繋がりますし、より多目的に利用できる和室はなくてはならないスペースとなっています。

大事な土地選び

Posted by 真木 | 土地 | 月曜日 14 5月 2018 2:33 PM

家造りを進めるにはまず土地が必要です。そこで多くの人が土地選びを行います。しかし、なかなか自分に合った土地が見つからず時間だけが過ぎ、家造りが進められないという人も多いのではないでしょうか。自分に合った土地を探すには、土地に求める条件を整理して、その中でしっかりと優先順位をつけておくことが大事です。

永住するための家をつくるのか、いずれは住み替えるつもりでいるのかで選ぶ土地も変わってきます。そして、自分自身のライプフランや家族構成によっても土地に求める条件は異なるだけに、新しい家で暮らしの中心となるものは何であるのかということを考えてみるのです。

子育てや仕事、環境など何が中心であるかということが土地選びで大きく関わってきます。治安や環境の良さを求める人もいれば、通勤や通学時間を優先させる人もいます。商業施設の充実を希望する人もいれば銀行や病院などの施設が整っている環境を望む人もいます。どのような条件よりも土地の広さが第一だ!という人もいるでしょう。人によって土地に求める条件が異なるだけに自分達が何を最優先させるかを明確にしておくことで、土地が絞られ土地選びが進めやすくなるのです。

気に入った土地が見つかれば必ず自分の目で確かめてみましょう。そこれ一度や二度ではなく、朝・昼・夜の時間ごとにはもちろん、晴れの日だけでなく雨などの悪条件の気象状況のときなど様々な角度から土地を見定めてみるといいと思います。価格の安さだけで土地を購入するのだけは避けたいものです。

長期優良住宅

Posted by 真木 | マイホーム | 金曜日 16 3月 2018 1:46 PM

長期優良住宅とは、住宅を長期に渡り使用することによって、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建替えにかかる費用の削減によって住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としたものです。

長期優良住宅と認定されるには7つの認定基準を満たさなければなりません。一つ目は、劣化対策(耐久性)です。世代を超えて住み継がれるレベルの耐久性能が求められます。二つ目は、住戸面積です。良好な居住水準を確保するために必要な規模を有していなければなりません。三つ目は、維持管理・更新の容易性です。メンテナンスやリフォームしやすい家にしなければならないのです。四つ目は、居住環境です。地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであることが求められます。五つ目は、省エネルギー性です。断熱性能など、一定の省エネルギー性が確保されている必要性があります。六つ目は、耐震性です。大規模な地震に対して倒壊しにくい、またもしもの際も直しやすく、損傷が少なくても済む一定の耐震性が必要なのです。最後に、維持保全計画です。建築後の住宅維持保全の期間が30年以上です。図面仕様書などデータで保管しておく必要があるのです。構造耐久上主要な部分、給配水管等について仕様や天候ンの項目や予定時期が指定されたものであることも求められるのです。

これら7つの認定基準を満たし長期優良住宅と認定されると住宅に関する税金の優遇措置がとられます。高品質で高性能な住まいを長く大切に使い、税制面からもバックアップしてくれるので嬉しいですね。

安全な浴室を目指して

Posted by 真木 | 家の事 | 水曜日 24 1月 2018 11:21 AM

浴室は、一日の身体の汚れを落としてくれる場所でもあり、疲れを癒しリラックスできる場所でもあると思います。しかし、滑って転んだり、浴槽で溺れたりなど事故が多い場所の一つであることを忘れてはいけません。それだけに特に小さな子どものいる家庭や高齢者のいる家庭では浴室の安全性の確保は非常に大事なのです。

まずは、滑りにくく衝撃を吸収してくれる床にすることです。つるつるとしたタイルの床は滑って転ぶと大きなケガをすることがあります。最近の床は、表面の凹凸を細かくすることで濡れていても足が床面をピタッととらえ、滑りにくい形状になっています。万が一転んでも衝撃を吸収してくれるクッション性を持たせたものや、ひざを直接ついても痛くない柔らかい感触の床になっています。

そして、以前に多かった和式の浴槽は、高さがあるだけでなく、床に置くタイプだったため入浴する時に足を高く上げてまたがなければなりませんでした。小さい子どもや足腰の弱い人はとても入りづらいものでした。最近は半埋め込み式が主流となり、浴槽のへりのまたぎ部分の高さが低くなり、浴槽への出入りがスムーズに行えるようになっています。

浴室内では、立ったり、座ったり、またいだりと意外と動作が多いのです。つかまる所がなければとても入りにくいものです。最近の浴室には入浴動作を考え、浴槽の出入りのときや洗い場に移るときに転びやすい姿勢のときにつかまりやすい位置に手すりを設置しておきましょう。このようにしてしっかりと安全性を確保し、快適なバスタイムを送りたいものです。

失敗しないパートナー選び

Posted by 真木 | 家の事 | 火曜日 21 11月 2017 3:10 PM

家造りはまず、業者を選ぶことからはじまります。そして、実はこのパートナー選びこそが家造りにおいて最大のポイントでもあるのです。希望に合った、または希望以上の家ができあがるかどうかは、最適なパートナーに出会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。

しかし、大手ハウスメーカーから工務店まで併せると数多くの業者が存在します。その中から一社自分達に合った最適のパートナーを見つけ出すというのは簡単そうで意外と難しいのです。そこでまず自分達がハウスメーカー向きなのか、地域に密着した工務店向きなのかを見極めることからはじめましょう。

例えば、住宅への希望が不明確なうえに自分で考えるのが面倒だ!という人には、提案力のあるハウスメーカーが向いていると思います。このようなタイプの人が工務店に依頼すると、提案を待ち切れずに不満ばかりが募ってしまうかもしれません。逆に、建築主として住宅に何を求めているかを明確に伝えられる人や家への希望やこだわりを強く持っている人は工務店が向いているでしょう。家造りのプロセスをひとつひとつ楽しむことができますし、完成した時の満足感や達成感も一層高まります。まずはそれぞれの特徴を知り、自分に合った一社を選び出し家造りの大きな一歩を踏み出したいものです。

我が家は家造りを始める際にこの業者選びに多くの時間を費やしました。大きな金額の買い物となる住宅は信頼できるパートナーでなければ任せられないだけに、しっかりと信頼関係を築ける相手を見つけだしましょう。

あかり

Posted by 真木 | 家の事 | 土曜日 5 8月 2017 7:38 PM

選んだ照明器具のデザインによって室内に与える印象が大きく変わってきます。それだけに照明を選ぶ際にはついデザイン性ばかりに注目しがちです。デザイン性とあわせてあかるさの度合いや色味にも注目し、シーンに合わせて適切なあかるさが広がる空間造りを目指してみるといいのではないでしょうか。

例えば、一日の始まりをすがすがしくスタートしたいという時は、人が心地よく感じる快晴の青空をイメージした明るさで空間を包むのです。白~青っぽい光色の明るさが空間を照らしてくれることで、すがすがしく爽やかな気分になります。朝の目覚めの時やリフレッシュしたい時には最適です。

逆に、家族みんなが集う夜の時間はくつろぎのあかりが求められます。よりおちついた雰囲気の空間が広がるように、夕暮れ空をイメージした赤みがかった光色にします。お部屋のくつろぎ感が高まるので、家族や友人とリラックスしたい時にはいいと思います。

また、勉強や読書をする時には文字が読みやすい明るさが求められます。白~青っぽい光色で明るさの度合いを高めることで、文字がくっきりして読みやすさがアップします。特に家族が長時間過ごすリビングではいろいろなことをして過ごすため、その時々で最適のあかるさの色味や度合いを調光できる照明がいいのです。これらをリモコン一つで操作できる照明器具も増えています。より快適な空間を演出するにはあかりにもこだわってみるといいでしょう。

LDK

Posted by 真木 | 家の事 | 火曜日 25 4月 2017 10:50 AM

住宅の中で最も重視する空間が、生活の中心となるLDKではないでしょうか。最近ではワンルームのような一体感のあるLDKが設けられます。リビングを18~20帖近く広々と確保し、リビング内の一角に4~5帖ほどの和室を設けたりする家庭も多いです。

また、和室もリビングに隣接させ、普段は建具をオープンにしておきリビングにより広さや開放感をプラスさせ、リビングの延長として利用しやすい和室が設けられることが多いのです。和室まで視線が繋がることで、キッチンで家事をしていても畳スペースが目に入るので子どもを寝かせていても安心して料理を行うことができますし、子どもが遊んでいる様子もしっかりと把握できます。

LDKは家族が長時間過ごす場所でもありますし、お客様を迎え入れる場所でもあるのです。より広く、おしゃれな空間を求める人が多いのも当然のことなのです。LDKの境に間仕切りのない一つの空間としてオープンに繋ぐことで、家族が顔を合わせて会話がしやすく、互いの気配をより身近に感じることができ安心感が得られます。和室を隣接させることで廊下が必要なくなります。

今までは当たり前のように設けられていた廊下が、最近ではデッドスペースとして考えられるようにもなっています。廊下がないことでより空間を広々と有効的に利用できるようになるのです。特に狭小住宅にはこのような間取りにすることでよりスペースを有効的に使え、居心地の良さも高まるのです。吹き抜けを設けておしゃれな空間にする家庭も多く、一階と二階の距離も縮めてくれ家族がどこにいても孤立する場所がないのでいいと思います。住まいの中心をより快適な空間にしたいものです。

書斎スペース

Posted by 真木 | 家の事 | 木曜日 9 3月 2017 11:12 AM

男性が住宅に求める憧れのスペースが、書斎スペースではないでしょうか。自分一人で趣味の時間に集中できますし、持ち帰った仕事を集中して行えるスペースがあるというのは助かります。私の主人もマイホームに自分の居場所となる書斎スペースを希望しました。個室の書斎スペースにするかスペースの一角を利用して設けるかで悩む家庭も多いと思います。

我が家は、スペースに余裕がなかったこともあり広さに余裕のあった寝室の一角に書斎スペースを設けたのです。寝室と書斎スペースの境には程よい高さで区切った壁を設けました。壁で完全に区切ってしまうと互いの空間に圧迫感を与えてしまうので適度な高さの壁を設けたのです。気になる視線を緩やかにカットでき、空間の繋がりを保てているため家族の気配を感じることができるのです。

床の素材も変えました。書斎スペースは主人の希望でもある畳を敷き詰めたのです。畳であれば、ゴロンと横になって休憩したり、趣味の漫画を読めるため居心地の良さも増します。書斎スペースにはカウンター造り付け、壁の厚みを利用して本棚も設けました。趣味の漫画本を整理するだけでなく、パソコン関連用品や私のスキンケアグッツなども整理することができているのです。

主人が書斎スペースを利用しない時は私が利用することもあります。子ども達を寝かせつけた後、お肌のケアを行ったり、趣味のネットショッピングをしたりと、なかなか少ない自分の時間を満喫できる唯一のスペースなのです。畳なので夫婦で晩酌したり夫婦のコミュニケーションの場にもなっているのです。書斎スペースを寝室に設けたことで、寝室で過ごす時間が増え個人の時間と夫婦ん時間を大切にできています。

満足できる家にするためには

Posted by 真木 | 家の事 | 月曜日 21 11月 2016 9:37 AM

住宅への不満の第一位は収納です。収納量に満足していない人が多く、他には収納のしにくさも不満に挙げられています。私たち家族も住宅を購入しようと思い最近では住宅展示場を巡る機会が増え、様々な参考になる住宅を目にすることができています。感じたことはどの住宅も収納スペースをしっかり確保しているということです。

ホームメーカーによってはクローゼットのなかに収納しやすいように可動式の棚を設けていたり収納設備がしっかりしている社もありました。収納の広さに驚いた私は業者の人に「少し広すぎではないですか?」と尋ねると「これぐらいのスペースを確保していても生活してみると足りなくなるものですよ」と答えられました。その時は驚きましたが、新築住宅を建てた友人達の話を聞いてみると皆口を揃えて収納スペースがまだ広ければいいのにな~と言います。

実際に部屋に物が溢れているとごちゃごちゃしてキレイな空間とは言えなくなります。快適性が損なわれると居心地も必然的に低下します。そのためにも必要な場所に必要な大きさの収納スペースを確保しておくことが満足できる家となることに気づきました。まず玄関にはシューズクロークを設けたいと思います。靴だけでなく自転車や子どもの三輪車などちょっとした物まで収納できるシューズクロークがあると狭い玄関でも圧迫感なくきれいな玄関を演出できます。

そしてリビングにも小さなクローゼットを設けたいと思います。いつも使用する上着やバックなどを収納できるクローゼットがあれば、リビングに散らかりがちなそれらをちゃんと収納しリビングを汚すことがなくなるでしょう。外出時に無駄な動きをせず、サッと出かけられ便利だと思います。他にも収納スペースを確保しておきたい場所はたくさんあります。満足できる家を目指して収納をメインに考えようと思っています。

次ページへ »