造り付け家具

Posted by 真木 | 家の事 | 月曜日 1 8月 2016 3:08 PM

新築やリフォームの際に、テレビ台やクローゼット、本棚やカウンターなど生活をしていくのに必要な家具を、オーダーメイドで作りこんだ家具のことを造り付け家具と言います。最近では多く取り入れられ、我が家にも数か所造り付け家具を採用しました。造り付け家具の魅力は、建物の空間に合わせて特注するので、その空間にピッタリのサイズでおさめることができることです。それだけではなく、自分このみのオンリーワン家具として、素材やデザインを自由にできるのも大きな魅了です。

しかし、近年、置き家具の価格が低価格で非常に取り入れやすくなっています。オーダーメイドで家具を作りこむと使用する素材やサイズによっては非常に高額な家具になってしまう場合もあります。予算に応じて家具選びをするのも大事なのです。しかし自分好みに造り上げた家具は、家具への愛着も高まります。いつまでも大事に使おうという意識も高まりますし、素材によっては経年変化を楽しむこともできるのです。

造り付け家具の魅力は地震にも強いということです。壁に家具を固定させた造りにするなど、突っ張り棒や金具などで固定をせずに、家具の倒壊などを防止することができます。日本は地震大国でもあるだけに「地震に強い」というワードには敏感になっているのではないでしょうか。家具においてもしっかりと地震対策をしておきたいものです。

一つデメリットを挙げるならば、模様替えを行うことができないことです。一度作ってしまったら、移動させることができません。家具に飽きても使い続けなければいけないのです。作りこむ際には、収納など不便さがないようにしっかり考えて設けるようにしましょう。