満足できる家にするためには

Posted by 真木 | 家の事 | 月曜日 21 11月 2016 9:37 AM

住宅への不満の第一位は収納です。収納量に満足していない人が多く、他には収納のしにくさも不満に挙げられています。私たち家族も住宅を購入しようと思い最近では住宅展示場を巡る機会が増え、様々な参考になる住宅を目にすることができています。感じたことはどの住宅も収納スペースをしっかり確保しているということです。

ホームメーカーによってはクローゼットのなかに収納しやすいように可動式の棚を設けていたり収納設備がしっかりしている社もありました。収納の広さに驚いた私は業者の人に「少し広すぎではないですか?」と尋ねると「これぐらいのスペースを確保していても生活してみると足りなくなるものですよ」と答えられました。その時は驚きましたが、新築住宅を建てた友人達の話を聞いてみると皆口を揃えて収納スペースがまだ広ければいいのにな~と言います。

実際に部屋に物が溢れているとごちゃごちゃしてキレイな空間とは言えなくなります。快適性が損なわれると居心地も必然的に低下します。そのためにも必要な場所に必要な大きさの収納スペースを確保しておくことが満足できる家となることに気づきました。まず玄関にはシューズクロークを設けたいと思います。靴だけでなく自転車や子どもの三輪車などちょっとした物まで収納できるシューズクロークがあると狭い玄関でも圧迫感なくきれいな玄関を演出できます。

そしてリビングにも小さなクローゼットを設けたいと思います。いつも使用する上着やバックなどを収納できるクローゼットがあれば、リビングに散らかりがちなそれらをちゃんと収納しリビングを汚すことがなくなるでしょう。外出時に無駄な動きをせず、サッと出かけられ便利だと思います。他にも収納スペースを確保しておきたい場所はたくさんあります。満足できる家を目指して収納をメインに考えようと思っています。