LDK

Posted by 真木 | 家の事 | 火曜日 25 4月 2017 10:50 AM

住宅の中で最も重視する空間が、生活の中心となるLDKではないでしょうか。最近ではワンルームのような一体感のあるLDKが設けられます。リビングを18~20帖近く広々と確保し、リビング内の一角に4~5帖ほどの和室を設けたりする家庭も多いです。

また、和室もリビングに隣接させ、普段は建具をオープンにしておきリビングにより広さや開放感をプラスさせ、リビングの延長として利用しやすい和室が設けられることが多いのです。和室まで視線が繋がることで、キッチンで家事をしていても畳スペースが目に入るので子どもを寝かせていても安心して料理を行うことができますし、子どもが遊んでいる様子もしっかりと把握できます。

LDKは家族が長時間過ごす場所でもありますし、お客様を迎え入れる場所でもあるのです。より広く、おしゃれな空間を求める人が多いのも当然のことなのです。LDKの境に間仕切りのない一つの空間としてオープンに繋ぐことで、家族が顔を合わせて会話がしやすく、互いの気配をより身近に感じることができ安心感が得られます。和室を隣接させることで廊下が必要なくなります。

今までは当たり前のように設けられていた廊下が、最近ではデッドスペースとして考えられるようにもなっています。廊下がないことでより空間を広々と有効的に利用できるようになるのです。特に狭小住宅にはこのような間取りにすることでよりスペースを有効的に使え、居心地の良さも高まるのです。吹き抜けを設けておしゃれな空間にする家庭も多く、一階と二階の距離も縮めてくれ家族がどこにいても孤立する場所がないのでいいと思います。住まいの中心をより快適な空間にしたいものです。