あかり

Posted by 真木 | 家の事 | 土曜日 5 8月 2017 7:38 PM

選んだ照明器具のデザインによって室内に与える印象が大きく変わってきます。それだけに照明を選ぶ際にはついデザイン性ばかりに注目しがちです。デザイン性とあわせてあかるさの度合いや色味にも注目し、シーンに合わせて適切なあかるさが広がる空間造りを目指してみるといいのではないでしょうか。

例えば、一日の始まりをすがすがしくスタートしたいという時は、人が心地よく感じる快晴の青空をイメージした明るさで空間を包むのです。白~青っぽい光色の明るさが空間を照らしてくれることで、すがすがしく爽やかな気分になります。朝の目覚めの時やリフレッシュしたい時には最適です。

逆に、家族みんなが集う夜の時間はくつろぎのあかりが求められます。よりおちついた雰囲気の空間が広がるように、夕暮れ空をイメージした赤みがかった光色にします。お部屋のくつろぎ感が高まるので、家族や友人とリラックスしたい時にはいいと思います。

また、勉強や読書をする時には文字が読みやすい明るさが求められます。白~青っぽい光色で明るさの度合いを高めることで、文字がくっきりして読みやすさがアップします。特に家族が長時間過ごすリビングではいろいろなことをして過ごすため、その時々で最適のあかるさの色味や度合いを調光できる照明がいいのです。これらをリモコン一つで操作できる照明器具も増えています。より快適な空間を演出するにはあかりにもこだわってみるといいでしょう。