家事ルーム

Posted by 真木 | 家の事 | 水曜日 17 6月 2015 7:53 AM

家事の憧れの空間とも言われている家事ルーム。住宅の間取りに家事ルームを設ける家庭も増えてきました。主婦が家事ルームに憧れを抱くのは、家事には365日休みがなく、歳を重ねてもずっと続くからです。毎日行う家事はいかに負担を軽減し、ストレスを感じることなく、円滑且つスムーズに行えるかということを主婦は考えます。

それを実現するための空間として家事ルームが挙げられます。まずこの空間は洗面室の隣か近くがいいです。キッチンと洗面室を繋ぐパイプ役として家事ルームを設けるのも家事効率を高めるには最適です。ここには室内用の洗濯物干し場を設けます。梅雨時期や花粉・PM2.5などの飛来時など屋外に洗濯物を干すことができない時も多々あります。
しかし洗濯は毎日行いますので、室内にも洗濯物を干せるスペースを確保しておくと家事を円滑に進められます。洗面室の隣にこの室内用の洗濯物干し場のある家事ルームを設けることで、洗濯物の移動をほとんどすることなく、洗濯物を干すことができます。またここにカウンターデスクを作ります。このカウンターデスクがあることで、乾いた洗濯物をたたむ台として、またアイロンがけの際の台として、家計簿をつけたたり、裁縫したりとちょっとしたデスクワークを行う場所として重宝します。

カウンターデスクの上部や下部を活用し、この空間で使用するアイテムをしっかり収納しておけるようにしておきましょう。物がきちんと収納されれば広さがあまりなくても圧迫感を感じることはありません。そしてここにファミリークローゼットを設けるといいのです。洗濯物を干す・たたむ、そしてしまうという一連の作業を一か所で終えることができるからです。家事の時短を実現するためにはこの空間は欲しいものです。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。