吹き抜けのある暮らし

Posted by 真木 | 家の事 | 日曜日 31 1月 2016 4:03 PM

我が家はリビングの一部を吹き抜けにしました。最初は吹き抜けを取り入れるかどうか非常に迷いました。吹き抜けのデメリットで良く聞くのが、冷暖房効率が下がるということです。特に暖房使用時は暖房の効きが悪く光熱費が高くなり家計に影響するという話を聞くだけに抵抗を感じる人も多いのです。

これは単に吹き抜けにしたからという理由だけでなく、住宅自体の断熱性の低さや、熱の出入り口となる窓の断熱性の低さが原因でもあります。これらの断熱性が低い家で吹き抜けを取り入れると冷暖房効率が下がり、光熱費がかさんでしまうのです。そこで我が家はこれらの断熱性に重視しました。断熱性を高めたことでリビングの一部を吹き抜けにしても冷暖房効率の悪さを感じることはありません。そのため吹き抜けの魅力だけを実感できる家になっています。

吹き抜けの魅力は、リビングがより広く、明るく、開放感たっぷりになることです。二階にまで視界が繋がることで面積以上に広さを感じられるのです。高い位置に取り付けられた窓が明かり採りに有効ですし、開閉式の窓にすれば空気の循環にも最適です。また一階と二階を繋いでくれる存在にもなっています。吹き抜けを通して互いの気配を身近に感じられ、また一階と二階で会話のしやすい家にもなります。

家族がそれぞれの空間で過ごしても互いの存在を身近に感じられることで家族の繋がりを感じ、安心感も高められるのです。吹き抜けには賛否両論ありますが、我が家は思い切って吹き抜けを設けて良かったと思っています。リビングのデザイン性を高めてくれお客様にも大好評です。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。