子供部屋

Posted by 真木 | マイホーム | 月曜日 8 10月 2018 6:47 AM

子供部屋の間取りは様々です。
1人ずつ個室を設ける場合、共有スペースを設ける場合、広いワンルームを間仕切りした場合などがあります。
1人の個室はプライベート性が高く、寝室は別で遊びや勉強は一緒という間取りでは、メリハリがある生活が送れますが、どちらも子供が独立した後は、活用し難く、物置になってしまうこともあります。

広いワンルームからスタートし、成長と共に分けて使うようにすると、子供の独立や家族構成の変化に応じて、様々に利用できます。ドアは将来分けて使うことを考えて、二つ設けておきましょう。
可動間仕切収納を使えば、簡単に移動でき、ライフスタイルに合わせた間取り変更が可能です。可動式収納とは、下についているねじを回すと簡単に移動できる収納です。壁際によせて広い部屋として使う、両側から出し入れできるように重ねて半分仕切る、中央に並べて全体を仕切るなど、成長と共に移動して使えます。
その他、完全なプライバシー空間が必要でないなら、カーテンで仕切る事もできます。通常のカーテンのほか、アコーディオンカーテン、ロールスクリーン、置くだけのパーテーションなどもあります。

幼少期は部屋の区切りを設けず、親子で寝るスペースと子どもが遊ぶスペースにゆるやかに分けておきます。
小中学生の時代は、勉強する時は並び、寝る時は別々にします。間仕切りを低くしてのびのび開放的に空間を使います。
高・大学生、社会人になって別々の個室が必要になったら、間仕切収納で部屋間を分けて、完全に独立させます。
子供が独立したら、子どもの帰省時の部屋やゲストルームとして、また夫妻の趣味の部屋などに、広い空間を様々に活用します。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。