建売住宅VS注文住宅

Posted by 真木 | 家の事 | 土曜日 26 12月 2015 2:22 PM

私の周りの住宅購入者は、建売住宅を購入した人もいれば、注文住宅で購入した人もいます。我が家もマイホーム購入に向け話を進めている中、果たしてどちらがいいものか頭を悩ませています。建売住宅の魅力は、何と言っても価格の安さではないでしょうか。販売価格は土地の値段の含めた額です。同じ住宅を注文住宅で建てた場合より割安になると言われています。土地と住宅を一括購入するので、1工程で短期間でマイホームを取得できるというのも、共働きで忙しい世帯や、時間や手間をなるべくかけたくないという家庭には向いています。

また購入価格が明示されており、住宅の間取りや設備、仕様などにおいてもあらかじめ決まっています。実際に完成した住宅を見て購入を決めることもできるため納得して住宅を購入できるというのも安心できます。

注文住宅は、自由度が高いのが最大の魅力です。
間取りや工法、設備、内装、外装など自由に選べることで、自分好みのオンリーワン住宅を手に入れることができます。また選んでいく過程を楽しみながら希望通りの住宅を仕上げることができるので、完成した時の達成感は高いのです。コスト面においても、コストを抑えたりグレードを上げたりと予算に合わせて選べるのも嬉しいものです。

しかしその反面、図面やサンプルで設計を決めていくため、仕上がりのイメージがつきにくく、建ってからイメージと違ったということも起こってしまうのです。それぞれ特徴のある建売住宅と注文住宅ですが、自分達のライフスタイルや予算に合わせて最高の住宅を手に入れたいものですね。